日独経済日記

日独間の架け橋となることを目指しています

エネルギー

20221125 ドイツ連銀月報いいとこどり①(グローバル経済編)

ドイツ語のWEB世界は常に良質のコンテンツで溢れており、感動すら覚えているのですが、その中でもドイツ連銀の分析・発信は価値が高いと思っています。 本ブログでドイツ連銀関連の発信が圧倒的に多くなっているのはそのためです。 今回こちらの2022年11月月…

20221124 ドイツ連銀金融安定報告のポイント

https://www.bundesbank.de/de/aufgaben/themen/finanzstabilitaetsbericht-900432 (W杯観戦で忙しいので??)以下、単刀直入にポイントを列挙します。 ちょっと前までは低インフレ・高成長(+金融資産の含み益)といういい環境だったが、今は高インフレ・…

20221123 フランスのインフレ率はなぜこんなに低いのか

フランスのインフレ(10月HICP)は前年同月比+7.1%と、ドイツの+11.6%、ユーロ圏平均の+10.6%と比べて極めて優秀です。足元ユーロ圏で最も低い値となっています。 ドイツとの国境近くにあるフランスの街シュトラスブールには、ドイツ人の買い物が殺到して…

20221122 スイスのインフレ率はなぜこんなに低いのか

ドイツのインフレ率(2番目の図)はとんでもなく高いのに、お隣のドイツ語圏スイスのインフレ率(最初の図)はなぜこんなに低いのか。 今回はそんな疑問にお答えしたいと思います。 ①強い為替レート/低い輸入物価 ユーロスイスのレートはこの2年間、特にイン…

20221115 ドイツ経済スーパークイックチェック(リンク元集)

youtu.be 内容についてはこちら↑の動画をご覧頂きたいのですが、今後ご自身でドイツ経済をフォローしたいという方々のために、動画で使用したチャートのすべてのリンク先をこちらに貼っておきます。少しでもお役に立てば幸甚です。 ●P2 ドイツ実質GDP(水準…

20221110 ドイツ5賢人委員会のECB金融政策/ドイツ財政政策コメント

昨日発表されたドイツ5賢人委員会の経済分析のエッセンスはこちらで速報させて頂きましたが 20221109 ドイツ5賢人委員会の経済分析エッセンス - 日独経済日記 (hatenablog.com) 金融/財政政策に対するコメント部分にとても良いデータを発見したので以下ご紹…

20221107 ドイツの家庭での電力消費、約3割がPCやTV

ドイツ経済省によると、ドイツの一般家庭における電力消費シェアは以下のような分布となっているようです。 PC、AV機器類:28% 洗濯機、乾燥機:14% 照明:13% 冷蔵庫、食洗機:11% 調理用の熱:9% 温水:8% その他(換気、ガーデン用品、水槽など):…

20221030 前稿の続き

今後は強い問題意識を持った上でリスク管理が必要ということで、前回投稿 dateno.hatenablog.com では「暗い面」(とそれに対する自衛)にのみ焦点を当てましたが、「どんな時でも過度に悲観的になるべきではない」というのが私の信条ですので、私が今考えて…

20221028 ドイツ輸出入、EU内ではトラック、外では船がメイン

今朝ドイツ連邦統計局から、年初来(1〜8月)の財貿易の輸送シェアについて、以下のような発表がありましたので、ご参考までにご紹介します。 2022 年 1 月から 8 月までの間、ドイツは3 億 9,500 万トンの商品を輸入、2 億 5,070 万トンの商品を輸出。 輸入…

20221027 ドイツエネルギー小売価格チェック

ガスを中心にエネルギー価格が少し下がってきましたので、ドイツCPIの中の各エネルギー項目(全体で約1割)の現時点でのレベル感を以下一通り確認しておきます。 ①電力(CPIの中でのウェート:2.6%) 年初来+4% 前年同期比+55% 下図はあくまで新規契約時の…

20221026 ドイツifoとPMI(10月)のポイント

●ifo景況指数 今月(10月)はほぼ横ばいでしたが、全体にかなりの低水準で、 後述のPMIと概ね整合的です。ドイツの第4四半期GDP(来年1月末頃発表)は マイナスの深さがどの程度になるか問題になりそうです。 全業種で同様に悪化。但しその時点でのGDPと相関…

20221026 ドイツ2度強暖冬で家庭ガス3割節約中

ガス不足がとても心配なドイツではありますが、幸い今のところ平年より2〜3度ほど気温が高く、そのような状態が少なくとも今月いっぱいは続く見込みです。 https://www.wetterkontor.de/de/wetter/deutschland/monatswerte-temperatur.asp https://www.wette…

20221025 DAX時価総額最大銘柄LindeがDAX40からの足抜けを計画

DAX40の銘柄の時価総額ランキングトップはリンデ社(産業用ガス、ドイツ発祥ながらロンドンに持株会社を置き、NYとFRAで上場)。足元の時価総額は1448億ユーロ(約21兆円相当)で、時価ウェートは10%を超えています(10.75%)。 https://www.ariva.de/dax-i…

20221024 ドイツ第3四半期GDPは前期比▲0.2%程度か

今週金曜(10/28)にドイツ第3四半期のGDP速報(ヘッドラインのみで内訳なし)が発表される予定ですが、前期比▲0.2%程度と小幅なマイナスに止まる可能性が高そうです。 https://tradingeconomics.com/germany/gdp-growth 「先行きのセンチメント」を多分に含…

20221019 ドイツガス価格は大幅低下

ドイツにおけるガス小売価格(紫)の下落が続いています。電気代(緑)やガソリン代(赤)や灯油代(橙)が高止まったままであるのと対照的です。 ガス不足でドイツ経済は瀕死の状態などと誤解するのは大変危険と思います。 川上の欧州ガス国際価格(オラン…

20221016 ドイツ天然ガス状況モニタリング〜価格低下継続

欧州天然ガス(オランダTTF)価格が結構下がってきました。 米国などから欧州へのLNG供給が増えていること 欧州全体は91%(ドイツでは95%)と備蓄が進んでいること 今年の冬は暖冬になりそうだという思惑 などがその背景にあるとされています。 tradingeco…

20221013 ドイツ9月CPI確報:総合年 +10.0%、ex food&energy +4.6%

ドイツ9月分CPI確報が先ほどドイツ連邦統計局から発表されました。既に英語版が出ているのでそちらでご紹介させていただきます。 www.destatis.de ●ヘッドライン:ドイツ国内基準でCPI1000年同月比+10.0%、HICPだと+10.9%。 ●川上(輸入物価、生産者物価)か…

20221009 ドイツエネルギー事情を監視するならこちら

当ブログで何度も紹介しているこちらの「ZEITエネルギーモニタリングサイト」が劇的に進化していますのでご紹介します。 ZEIT ONLINE | Lesen Sie zeit.de mit Werbung oder im PUR-Abo. Sie haben die Wahl. dateno.hatenablog.com サイトの内容は全てドイ…

20221005 ドイツ企業の値上げ意欲、まだまだ根強い

国際エネルギー価格も、国際食料品価格も、グローバルなスローダウン期待の台頭もあって、既にピークアウトしているように見えるのですが..... Global inflation tracker: see how your country compares on rising prices | Financial Times 電気代やガス代…

20221003 ドイツ統一32年、試練の時

https://www.bundesregierung.de/breg-de/themen/deutsche-einheit 本日で東西ドイツが正式に再統一されて32年。毎年10月3日はドイツ統一の日ということで祝日です。今回も式典やコンサートなど数多くのイベントが行われています。 ●ショルツ首相は国民に以…

20220930 ドイツ雇用、9月も引き続き堅調

つい先ほどドイツ連邦雇用庁から9月分のドイツ雇用統計が発表されました。 「いよいよマイナス成長不可避の状況でドイツの雇用も緩み始めているに違いない」と思われているかも知れませんが、担当当局の総括評価は「厳しい環境(戦争、インフレ、エネルギー…

20220930 万一の停電への備え

Aufwacher-Podcast - tägliche Nachrichten- und Hintergründe für NRW デュッセルドルフの有力地元新聞「ライニッシェポスト」(Rheinische Post、発行部数約24万部)が毎朝発信しているPodcastで、「万一の停電の際にはどうすべきか」という危機管理上有益…

20220929 ドイツ5大研秋季合同経済予測 お手元にぜひ

先ほどドイツ5大経済研究所(ベルリン、ifo、キール、エッセン、ハレ)によるドイツ経済予測が発表されました。そのエッセンスは以下の通りです。 ドイツ経済はガス料金の高騰で激変。インフレにより経済全体の購買力が大幅に押し下げられてしまう。 実質GDP…

20220921 ドイツ連銀月報景気短評のエッセンス

毎月下旬にドイツ連銀月報(英語版はかなり遅れて出る)がリリースされているのですが、その冒頭には必ずドイツ景気についての短評(Kurzberichte, Kunjunkturlage)が出ており、特に現在のような景気の転換点ではチェックする価値が高いと思っています。 そ…

20220920 ドイツ経済が既に大幅マイナス成長という可能性は低い

第3四半期(7~9月期)のドイツ実質GDPについて、金融市場は下図のようなPMIの悲惨さ(リーマンショックやコロナショックの悪影響を正確に予知していた)を見て、既に大幅マイナス成長になっているはずだと捉えているかもしれませんが.... https://www.pmi.s…

20220913 「冬は自宅の暖房を止めて南国に避難」が流行するかも

ドイツにおける各種エネルギー「小売」価格は、下図のように急騰しており、払いたくても払えない人が続出しかねない状況になっています。 2月24日のロシアによるウクライナ侵攻開始時点と比べると、ガス代は3倍、電気代は5割増しとなっています。 https://ww…

20220913 ドイツインフレ、更に上昇へ

先ほどドイツ連邦統計局から8月のインフレ統計が発表されました。 速報値(前月比+0.3%/前年同月比+7.9%)がそのままコンファームされただけなので、マーケットにとっては特に目新しい情報ではありませんが、中身の詳細が出たのでざっと見ておきます。 イ…

20220912 ドイツガソリン減税廃止、9月CPIを0.5%押し上げ

今朝ドイツ連邦統計局のガソリン小売価格データが発表されていたので、手を動かして計算してみた結果、以下のことが確認できました。 8月平均価格 9月(9/5まで) 前月比上昇率 1) スーパー(E10) 1.731 2.018 +16.6% 2) ディーゼル 1.960 2.168 +10.6% ド…

20220911 キール研、来年ドイツGDP▲0.7%の予想

ドイツ5大研の一角、キール研(IfW)の直近経済予想(メインシナリオ)で、来年のドイツ実質GDPが▲0.7%となっていて話題になっていましたので、その内容を簡単にご紹介します。 下表の最初の行が実質GDPの四半期の走り(前期比)です。 今年Q3▲0.4%、Q4▲0.…

20220911 ガス価格2倍はドイツGDPを2%押し下げ

ドイツ経営者団体のシンクタンクであるIW(ケルン)研が、天然ガス価格高騰(原油価格も相応に釣られて上昇することを勘案)がドイツ経済にどのような影響を与えるか試算しています。この分析のポイントは以下の通りです。 左)シナリオ1〜ガス価格がQ2の+5…