日独経済日記

日独間の架け橋となることを目指しています

20220928 IMD世界【デジタル】競争力ランキングでは、ドイツ19位(日本は29位)

スイスのビジネススクールである国際経営開発研究所(IMD〜International Institute for Management Development)が毎年発表している世界デジタル競争力ランキング(対象63カ国・地域)によると、ドイツは昨年から一つ順位を下げて19位、トップ5は、①デンマーク、②米国、③スウェーデン、④シンガポール、⑤スイス、オランダは6位、韓国が8位、台湾は11位、中国は17位、英国は18位、日本は29位となっていました。

 

各国統計データと経営者・管理職への聞き取り調査をベースとして、「知識」「技術」「将来の準備」という3つの切り口で評価した結果が総合的にランキングされています。

 

IMDによる国別データのドイツ部分を虚心坦懐に眺めると、以下のようなメッセージが読み取れると思います。

  • 職業教育を含め、科学技術教育が充実しており、優秀な理系人材が多い。
  • 教育や研究でのロボット活用も進んでいる。 
  • 財政が極めて健全であり、財政面からデジタリゼーションを支える力のポテンシャルは世界一。 
  • ブロードバンド普及、ビッグデータ活用、企業のしやすさ、国民のデジタル習熟度などといった面で他国比やや見劣りしている。

https://www.imd.org/centers/world-competitiveness-center/rankings/world-digital-competitiveness/

 

なお、本ランキングにおける日本の低迷についてはこちらの日経記事をご覧ください。

www.nikkei.com