日独経済日記

日独間の架け橋となることを目指しています

20220526 ドイツコロナ状況アップデート

●ドイツの7日間指数(人口10万人当たり直近7日間の新規感染者数)は本日(5/26)263まで低下(前日比▲19)しました。

 

●再生産数は最近安定的に1.0を割り込んでおり、今後も夏に向けて沈静化が進むと期待できます。

 

●州別に見ても特に変な動きをしているところはなく、全体的な改善が続いています。

 

●引き続きオミクロンBA2が主流で、強感染の新たな変異種が急拡大するリスクは低いとされています。



●但し、従来基準でみるとドイツのほぼ全域がホットスポット相当(7日間指数100超~昔はロックダウン/外出禁止になってました)であることに変わりなく、世の中の気持ちが緩んでいる中でも、マスク着用とソーシャルディスタンスくらいは常時強く意識しておいた方が良いと思います。

 

●日本(黄)や英国(赤)との比較においても、ドイツ(青)は改善が遅れており、安全度ではまだまだ見劣りしています。

 

●なお、ドイツと日本の間を行き来する際に注意すべきことをチェックするには、こちらの大使館HPを起点にすると、見逃しを防ぐことができます。

新型コロナウイルスに関する最新情報(ドイツ) | 在ドイツ日本国大使館 (emb-japan.go.jp)

 

ドイツ⇒日本

既に自宅待機義務はなくなっていますが、6月からは出国前72時間以内に実施した検査陰性証明だけで、帰国後の検査は免除されます(ドイツは青に分類)。


日本⇒ドイツ

ワクチン未接種者にはまだ入国制限ありますが、6~8月の間、いったん緩和されることになりそうです。但し、冬に向けては再びコロナが勢いを盛り返す可能性が高いことから、この緩和がずっと続くとは期待しない方が良いと思います。


>ドイツ政府は25日、新型コロナウイルスに関するドイツ入国規制を6月1日から大幅に緩和すると発表した。8月末までワクチン接種や陰性証明の提示義務を撤廃する。新規感染者数の減少傾向を踏まえ、夏季休暇の外国人旅行客を呼び込みたい思惑がある。ただ帰国時の水際対策が厳しい日本からの旅行客は限定的になりそうだ。

 

 

20220526 独中経済関係の現状と展望

ドイツの対中依存度の現状とその低下のための方策について、ZDF(ドイツ公共第二放送)が4分のビデオクリップ(ドイツ語ですが)にまとめてくれていますので、そのエッセンスをご紹介します。

Wirtschaftliche Abhängigkeit: Die Beziehung zwischen Deutschland und China - YouTube

 

ドイツは対中依存度が大きいので、中国がロシアのようになると大変

【対中依存度の現状】

  • 2021年の対中輸出入合計金額は2450億EUR(約33兆円)
     輸入:電子機器・部品、おもちゃ、家具、化学製品
        ドイツ製造業の約半数が中国からの原材料・中間材に依存(特に車)
     輸出:機械、自動車・部品、電気製品

【中国と揉めたら何が起こりうるか】

  • 例えばEVでは多くの部品、特にバッテリーが手に入らなくなる
     バッテリー完成品輸入の3割が中国産(2020年)
  • 世界のグラファイトの74%が中国産
  • 世界の永久磁石の85%が中国産
  • 中国には約2300のドイツ企業があり、例えばフォルクスワーゲンVW)は
    中国に33の工場をもち、VWの売上の4割を中国向けが占めている
  • 貿易戦争等となれば、中国側でも大量の失業が発生し、両国ともダメージ大

 

【依存度を下げるために何ができるか】

20220525 ドイツの食品インフレはEU内ではマシな方

本日ドイツ連邦統計局から、食品インフレの影響度について小ネタ的に興味深いデータが発表されていました。

EU-Vergleich: Preisanstieg bei Nahrungsmitteln trifft Haushalte in Osteuropa am stärksten - Statistisches Bundesamt (destatis.de)

 

インフレ指標HICPにおける食品のウエートは東欧諸国で高く(上から①ルーマニア、②ラトビア、③スロバキア、④ブルガリア、⑤スペイン、⑥ポルトガル、いずれも20%超と)なっているのですが。。。。

今年4月時点での食品価格上昇率(前年同月比)で見ると、①リトアニア、②ブルガリア、③ラトビア、④ハンガリー、⑤エストニア、⑥ルーマニア、とやはり東欧諸国での上昇率が大きくなっています。

つまり、これらの国々では高いウエートと高い価格上昇率のダブルパンチになってしまっているということです。

 

一方、ドイツ(黒棒)はインフレ指標における食品のウェートが11.1%とかなり低い(EU平均は15.9%~上図黄棒)だけでなく、その価格上昇率も8.5%と比較的低い(EU平均は8.9%~下図黄棒)ため、欧州他国比ではそれほどひどいことにはなっていないということが言えそうです。

 

但し、ドイツにおける今年の総合インフレは年平均で+6%と予想されている一方、賃金はせいぜいその半分くらいしか上昇しないため、一般市民の生活がインフレでますます苦しくなっているということには変わりありません。

 

20220524 各国(ユーロ圏、ドイツを含む)PMI速報について

●7月の利上げが迫っているユーロ圏ではありますが、本日発表された以下総合PMIを見る限り、サービス業主導でしっかりしており、今のところスタグフレーション(マイナス成長や失業率上昇を伴う状態)からは程遠い状況と思われます。雇用は堅調な一方、インフレにはやや減速の兆しアリとのコメントがついています。

PMI Releases (markiteconomics.com)

 

●ドイツ単体で見ても、昨日ご紹介したifoやWAIと同様、総合PMIはプラス成長のモメンタムをしっかり維持しています。こちらもコロナ鎮静化に伴うサービス業の復活が主導しています。市場予想を上回る強さです。

Germany Composite PMI - April 2022 Data - 2013-2021 Historical - May Forecast (tradingeconomics.com)

 

●但し、BREXITでウェートが落ちているとはいえ、ドイツにとっては米仏に次いで3番目位に大きなUKで景気急減速の兆しが見えているので、若干警戒が必要かと思います。成長がインフレに食われているようです。

 

●ちなみに日本の総合PMIも以下の通り、小じっかりな内容(プラス成長モメンタム確保)となっていました。

S&Pの解説コメント】

  • 2022 年第 2 四半期半ばの PMI データ速報値は、日本の民間企業の事業活動が、3 か月連続で拡大傾向にあることを示した。サービス業が過去 5 か月間で最も大きく拡大したことに牽引され、民間企業全体の成長率は 4 月から加速し、昨年 12月以来の急激な伸びとなった。一方で製造業の生産高は過去3 か月間で最も緩やかな成長となった。
  • 民間企業らは、新型コロナ関連の制限措置がさらに緩和されたため、観光業を筆頭とするサービス業の事業活動が活発になったと報告した。しかし、中国のロックダウン措置再導入や、対ロシアの経済制裁によりサプライチェーンの混乱がさらに悪化し、ますます多くの原材料不足や納期の長期化に関する報告が寄せられた。
  • こうした状況を受けて、民間企業の間ではさらにインフレ圧力が強まった。企業からは、購買価格と販売価格ともに調査史上最大の上昇率を記録した。さらに、インフレと供給問題の不透明感から企業の景況感は悪化し、2021 年 8 月以来の低
    水準となった。

Japan Composite PMI - April 2022 Data - 2013-2021 Historical - May Forecast - Calendar (tradingeconomics.com)

 

●まだ1か月古い(4月)分のデータも混在していますが、ユーロ圏もドイツも景況感としては世界の中でかなり強い方ということになっています。しんがりには世界の2大不安の震源地であるロシアと中国が並んでいます。

Composite PMI - Countries - List (tradingeconomics.com)

20220523 足元のドイツ経済は予想比ややしっかり目です

毎週月曜夕刻(ドイツ時間)にドイツ連銀(中央銀行、ECBのドイツ支店に相当)が、ドイツのGDPの動向をリアルタイムにつかむためのNOWCASTモデル(非公式扱い)の推計結果(ドイツ連銀週次経済活動指数:WAI)を公表しています。

四半期GDPの前期比上昇率を当てることを目的としている割に今のところ水準の予知能力は正直イマひとつ(右チャート)なのですが、GDPの方向性はしっかり早めかつ正確に追えているので、そういうものとしては十分使えると思います。

このWAIは年初からオミクロン+ウクライナ危機のダブルパンチでじりじり低下を続けてきたのですが、最近底打ち反転し、今週からいよいよプラス圏内に復活してきました。「足元GDPは前期比+0.6%ペース」というレベル感については割り引いて受け止めめた方が良さそうですが、「足元モメンタムは上向き」と見てよろしいかと思います。

 

Wöchentlicher Aktivitätsindex für die deutsche Wirtschaft | Deutsche Bundesbank

 

ちなみに、本日発表されたifo景況指数も市場予想比やや強めとなっていました。

特に現況指数(灰色:足元の経済活動)がサービス業を中心に堅調で、上記WAIの動きと整合的です。

ifo Geschäftsklimaindex gestiegen (Mai 2022) | Fakten | ifo Institut

 

ちなみに、本日発表されたドイツ連銀月報の中に、「サプライチェーン障害の影響度」に関する興味深い分析記事が掲載されていました(P60-61)ので簡単にご紹介します。

 

  • 今年3月(ウクライナ危機勃発時)に約500社のドイツ製造業に対して緊急アンケートを実施。
  • そのうち約100社(2割)は特段影響なしと回答。
  • 残り約400社が回答した「サプライチェーン障害による生産減少幅」は下図の通り。今年は約▲10%、来年は▲7-8%、再来年もまだ▲5%以上下押し。
  • このアンケートは、ウクライナ危機勃発直後の最も不安な時期(突然のエネルギー不足も懸念されていた)に実施されているため、その分生産減少幅が過大評価されている可能性あり。
  • 一方、中国のゼロコロナ政策によるサプライチェーン問題はその後一層深刻化しているため、生産減少幅が過小評価されている可能性もある。

  (縦軸:実際の/想定される生産減少幅%、青:売上加重ベース、灰:単純平均ベース)

  

https://www.bundesbank.de/de/publikationen/berichte/monatsberichte/monatsbericht-mai-2022-891244

 

 

20220522 ドイツ経済研(ケルン)経済予測

ドイツの有力シンクタンク、IW(ドイツ経済研~ifoやDIWなどの5大研からは外れている)から先週末直近経済予測が発表されているのでそのエッセンスをご紹介します。

IW-Konjunkturprognose Frühjahr 2022: Krise und Unsicherheit - Institut der deutschen Wirtschaft (iwkoeln.de)

 

国内機関としては初めて、今年の実質GDP2%割れの予測ということでメディアの注目を集めました。

それでも「スタグフレーション」というにはほど遠い、しっかりとした成長軌道(下グラフ)となっています。

             2021年  2022年  2023年

 実質GDP          2.9%  1 .75%    2.75%

 CPI           3.1%   6%        3% 

 失業率           5.7%     5%      4.75%

 財政収支(GDP比)   ▲3.7%    ▲2.5%    ▲1.25%

               (予測部分はドイツによくある1/4刻みとなっている点に注意)

 

●内外有力機関のウクライナ危機影響度分析一覧
(ベースライン比2022年GDPの落ち込み幅)

 ユーロ圏は▲0.9~▲2.1%となっており、マイナス成長への転落には距離があります。

 

●ドイツ大手行CPI予測一覧(意外と価値あるかも):

平均値は今年6.1%、来年2.6%となっていますが、ポストバンクは今年8%。バイエルン州立銀行は7.1%とかなり悲観的です。

●ドイツ製造業の業種別生産推移(2019Q4=100)

全体にコロナ後の戻りが鈍くなっていますが、特に自動車(黄土色)の不振が目立ちます。

●コロナ終息で労働時間は昨年1349.3時間、今年1352時間、来年1359時間と増える予想となっています。

1人当たり、1時間当たりのGDP(生産性)は、今年+0.25%、来年+1.5%とかなり低いので、大幅な賃上げは適切でないと主張しているようにも見えます。


●IWについてのWIKI英語解説:経営者寄りのシンクタンクです。

German Economic Institute - Wikipedia

20220521 デュッセルドルフの日本デーに想う

ルール工業地帯に近いデュッセルドルフには、約70年前から日本企業が集まり始め、今では約400社が拠点を構えています。総領事館日本人学校、日本レストランなどのインフラが整っており、ドイツ在住の日本人全体(約35千人)の約4分の1(8.4千人)が集まっています。ロンドンの33千人、パリの10千人には及ばないものの、首都ベルリンではなく一地方都市であるデュッセルドルフにヨーロッパ第3の日本人コミュニティが形成されているのは驚くべきことであり、ドイツの地方分権が機能していることの証だと思います。デュッセルドルフ市は「ライン川沿いの日本の首都」とも言われており、あとコンビニさえあれば(24時間営業でなんてなくてよいです)ほぼ日本と同じ暮らしができる稀有な街だと個人的には思っています。但し、あまりにも日本に近い暮らしができるため、普通に暮らしているとドイツ語や英語は全然うまくなりません。

そのデュッセルドルフで本日(2022年5月21日)「日本デー」が開催されています。コロナのため直近2年は中止になっていましたが、街中で日本文化を体験できるユニークな祭典が3年ぶりに復活した格好です。ヤマ場は夜30分の花火で、今年はウクライナへの連帯を示すべく「共に平和と友好のために」というテーマとなっています。今回も前回同様デュッセルドルフ市の総人口とほぼ同規模の60万人もの人が訪れる見込みとのことで、実際ライン川べりは渋谷のスクランブル交差点並みに人でいっぱいでした。今年はカーニバルが中止になった分、リベンジが発生しているのかも知れません。その2~3割が何らかのコスプレをしており、私のようにマスクをつけている人は1%いないくらいでした。

日本では、年一回どころか一年中日本各地でオクトーバーフェストが開催されています。それにもかかわらず、日本在住のドイツ人の総数が約6千人(うち、日本人の配偶者を持つ人が14%、2021年6月時点)しかいないというのはやや寂しい気がします。6月には日本のコロナ鎖国も終わりますので、今日日本デーに集まってくれた60万人のうち一部でもいいので、足元の円安ユーロ高(1ユーロ135円)を活かして、是非日本を訪れてみて頂きたいと思います。

 

【独訳】

Vor etwa 70 Jahren begannen japanische Unternehmen, sich in Düsseldorf, in der Nähe des Ruhrgebiets, anzusiedeln, und heute sind etwa 400 Unternehmen in Düsseldorf ansässig. Mit einer gut entwickelten Infrastruktur, zu der ein Generalkonsulat, japanische Schulen und japanische Restaurants gehören, zieht die Stadt etwa ein Viertel (8,4 Tausend) der Gesamtzahl der in Deutschland lebenden Japaner (etwa 35 Tausend) an. Obwohl sie nicht so groß ist wie die 33.000 in London oder die 10.000 in Paris, ist es doch erstaunlich, dass die drittgrößte japanische Gemeinde in Europa in Düsseldorf entstanden ist, einer regionalen Stadt und nicht in der Hauptstadt Berlin, und ein Beweis dafür, dass die Dezentralisierung in Deutschland gut funktioniert. Man sagt, Düsseldorf sei die "Hauptstadt Japans am Rhein", und ich persönlich glaube, dass es eine seltene Stadt ist, in der man fast wie in Japan leben kann, wenn es nur einen einzigen Convenience Store gäbe (der nicht 24 Stunden am Tag geöffnet sein muss). Aber weil der Lebensstil dem japanischen so ähnlich ist, werden sich Deutsch und Englisch nicht verbessern, wenn man ein normales Leben in Düsseldorf führt.

Heute (21. Mai 2022) findet in Düsseldorf der "Japan-Tag" statt. Nachdem er in den letzten beiden Jahren wegen der Corona abgesagt wurde, ist dieses einzigartige Festival, bei dem die Besucher die japanische Kultur in der Stadt erleben können, nach dreijähriger Abwesenheit wieder da. Höhepunkt des Festivals ist das 30-minütige Feuerwerk am Abend, das in diesem Jahr unter dem Motto "Miteinander für Frieden und Freundschaft" steht, um die Solidarität mit der Ukraine zu zeigen. Wie in den Vorjahren wird erwartet, dass das Fest bis zu 600 000 Menschen anziehen wird, was in etwa der Einwohnerzahl von Düsseldorf entspricht, und tatsächlich war das Rheinufer so voll wie die Shibuya-Kreuzung. In diesem Jahr wurde der Karneval abgesagt, so dass es einen Aspekt der Rache gegeben haben könnte. Etwa 20 bis 30 % der Besucher trugen irgendeine Art von Kostüm, und nicht mehr als 1 % von ihnen trug Gesichtsmasken wie ich.

In Japan finden Oktoberfeste nicht nur einmal im Jahr statt, sondern das ganze Jahr über in verschiedenen Teilen Japans. Dennoch finde ich es etwas traurig, dass die Gesamtzahl der in Japan lebenden Deutschen nur etwa 6.000 beträgt (von denen 14 % japanische Ehepartner haben, Stand Juni 2021), und da Japans Corona-Isolation im Juni enden wird, hoffe ich, dass auch nur ein Bruchteil der 600.000 Menschen, die sich heute zum Japan-Tag versammelt haben, Japan besuchen und den derzeit schwachen Yen/starken Euro (1 Euro=135 Yen) nutzen werden.

 

【英訳】

Japanese companies began gathering in Dusseldorf, near the Ruhr industrial area, about 70 years ago, and today about 400 companies are based in Dusseldorf. With a well-developed infrastructure including a consulate general, Japanese schools, and Japanese restaurants, the city attracts about a quarter (8.4 thousand) of the total number of Japanese living in Germany (about 35 thousand). Although it is not as large as the 33,000 in London or the 10,000 in Paris, it is surprising that the third largest Japanese community in Europe has been formed in Dusseldorf, a regional city rather than the capital Berlin, and is proof that decentralization in Germany is functioning well. Dusseldorf is said to be the "capital of Japan along the Rhine," and I personally believe that it is a rare city where one can live almost like in Japan, if only there were one convenience store (it does not have to be open 24 hours a day). However, because the lifestyle is so close to that of Japan, German and English will not improve at all if you live a normal life in Dusseldorf.

Today (May 21, 2022) "Japan Day" is being held in Dusseldorf. After being cancelled for the last two years due to the Corona, this unique festival that allows visitors to experience Japanese culture in the city is back after a three-year absence. The highlight of the festival is the 30-minute fireworks at night, which this year is themed "Together for Peace and Friendship" to show solidarity with Ukraine. As in previous years, the festival is expected to attract as many as 600,000 people, about the same size as the total population of Dusseldorf, and in fact, the Rhine riverbank was as crowded as the Shibuya scramble crossing. This year, the Carnival was canceled, so there may have been an aspect of revenge. About 20 to 30% of the visitors were wearing some kind of cosplay, and not more than 1% of them were wearing face masks like me.

In Japan, Oktoberfests are held not only once a year but all year round in various parts of Japan. Nevertheless, I feel somewhat sad that the total number of Germans living in Japan is only about 6,000 (14% of whom have Japanese spouses, as of June 2021), and since Japan's Corona isolation will end in June, I hope that even a fraction of the 600,000 people who gathered today for Japan Day would visit Japan taking advantage of the current weak yen/strong euro (1 euro=135 yen).