日独経済日記

日独間の架け橋となることを目指しています

消費

20220629 過去最悪を記録したドイツ消費者センチメント(GfK)について

昨日GfKから発表された7月のドイツ消費者センチメントが▲27.4と調査開始以来の過去最低を記録しました。 Konsumklima sinkt auf neues Rekordtief (gfk.com) 構成3要素である景気見通し、所得見通し、購入意欲とも悪化しており、内容が悪いことは間違いあり…

20220623 今年はドイツGDP2%割れ、インフレ7%超という予想が主流になってきました

旧東独経済に精通していることで定評のある、ハレ経済研究所(IWH)は6月21日にドイツ経済予測のアップデート結果を発表しました。 これによるとGDPは今年+1.6%、来年+2.2%、インフレは今年+7.2%、来年+4.3%と、コンセンサスより弱めの成長と強めインフ…

20220613 ドイツガソリン減税の効果早速減退

ドイツでは6月1日から、リッター当たりスーパー35セント、ディーゼル17セントのガソリン減税がスタートしており、初日はその減税分が小売価格に比較的しっかりと転嫁されていたのですが、その後価格は再びじわじわ上昇しており、特にディーゼルはほとんど減…

20220612 ユーロ圏およびドイツ経済のストレスシナリオ

6月9日のECB理事会で発表されたECBスタッフプロジェクションにおけるユーロ圏ストレス(ダウンサイド)シナリオは ロシアのエネルギー輸出が今年第3四半期から全面的に止まり、商品不足/価格上昇とサプライチェーン障害の更なる悪化に見舞われる というもの…

20220610 ドイツ連銀によるドイツ経済中期見通し

本日ドイツ連銀がドイツ経済中期見通しを発表しました。 毎年6月と12月中旬頃に今後3年程度のドイツ経済見通しをアップデートするものですが、発表直後の数か月間は、ドイツで最も信頼すべき直近経済分析として重視されます。 https://www.bundesbank.de/res…

20220605 来週(6/9)のECBではインフレ予測部分に注目

ドイツCPI(ドイツ国内基準、ECBが見ているHICPとはややずれる)の5月速報は前月比+0.9%/前年同月比+7.9%(HICPでは+1.1%/+8.7%)とまたしても市場予想を上回る上昇だったわけですが、「さすがにこんなハイペースでの上昇がいつまでも続くわけはなく、…

20220603 オクトーバーフェストのビール価格は3年前の+16%となる見込み

約6百万人を集める世界最大の祭典、ミュンヘンのオクトーバーフェストは、過去2年コロナで中止されていましたが、今年は9/17~10/3の間、平年通りの開催を予定しています。 Oktoberfest – Wikipedia オクトーバーフェスト - Wikipedia オクトーバーフェスト…

20220601 ドイツ4月小売売上はそんなに悪くありません

今朝ドイツ連邦統計局から4月小売統計が発表され、前月比では実質▲5.4%と予想を大きく下回るとんでもなく弱い数字であるかのように報道されていました。 Germany Retail Sales MoM - May 2022 Data - 1994-2021 Historical - June Forecast (tradingeconomic…

20220531 ドイツでは明日から3ケ月ガソリン減税

EUでロシア産原油の禁輸が始まることもあり、原油価格(下図はWTI)は再び騰勢を強めています。 Crude oil - 2022 Data - 1983-2021 Historical - 2023 Forecast - Price - Quote - Chart (tradingeconomics.com) ドイツにおけるスーパーガソリン(上)/ディー…

20220529 ドイツ経済ボディスキャン

ドイツ連銀(Bundesbank)が、ドイツの代表的経済指標を「彼らが見ている形の」グラフで随時アップデートしてくれていますので、大変便利です。 現在の断面を全身をボディスキャンするようなイメージで確認しておきます。ドイツ連銀が個別に解説してくれてい…

20220528 日本の農林水産物・食品の輸出が激増しています

本邦農水省の「令和3年(2021年)食料・農業・農村白書」によると、日本の農地面積は長期減少傾向にあり、1960年代に国土面積の19%を占めていた農地は、2021年には435万ヘクタール/国土面積の12%まで減少しています。世界の平均が約40%、日本とほぼ同じ…

20220518 ドイツ製造業の受注残はどんどん積み上がっています

今朝ドイツ連邦統計局から3月製造業受注残高統計が出ていましたのでご紹介します。 受注残高(実質ベース) 前月比+0.6%、前年同月比+2.7% 売上の8.0か月分(前月比+0.1)と過去最高値に到達 資本財 11.8か月分(前月比+0.4)~3月の伸びを主導 中間財 4.0…

20220517 独ホテル・レストラン業界アップデート

本日ドイツ連邦統計局から(ウクライナ危機の影響が反映された)3月のホテル・レストラン業界の売上高速報値が発表されました。 前年同月比実質+114.8%、名目+124.%と大きく回復しているだけでなく、 10%程度の値上げ(名目と実質の差)に成功している姿…

20220516 EU委員会経済予測アップデート

本日発表されたEU委員会の四半期経済予測は以下の通りとなっていました: GDP今年 来年 CPI今年 来年 ユーロ圏 +2.7% +2.3% +6.1% +2.7% ドイツ +1.6% +2.4% +6.5% +3.1% 日本 +1.9% +1.8% +1.6% +1.5% 定量化は困難ですが、ウクライナ危機の影…

20220512 このインフレ環境下で値下がりしているもの

特ダネ報道が得意なことで有名な高級週刊誌「デア・シュピーゲル」がドイツのインフレデータを面白く表現してくれていますので簡単にご紹介します。 Inflation: Was jetzt richtig ins Geld geht – und wo Sie sogar sparen - DER SPIEGEL 前年同月比(4月)…

20220510 ドイツの旅客宿泊件数、かなり戻ったがまだコロナ前の▲24%

ドイツのコロナ状況は欧州諸国比で改善が遅れており、ドイツ宿泊関連業界にとって非常に厳しい状況が続いていますが、その具体的なしんどさ具合とその推移について垣間見せてくれる数字をご紹介します。 本日ドイツ連邦統計局から発表された3月旅客宿泊件数…

20220505 ロシアの原油を買うのをやめたらドイツはどうなるのか

掲題について、ドイツ主要メディアの論調などを整理してざっくりまとめると以下の通りになります: ドイツが輸入する原油におけるロシアのシェアは、昨年末の35%から足元12%まで押し下げに成功している。 運搬・貯蔵が難しく、パイプライン(ノルトシュト…

20220504 ドイツ3月貿易統計 対露、対中輸出急減を確認

今朝ドイツ連邦統計局から、3月の貿易統計が発表され、 輸出(青線)減+輸入(赤線)増⇒貿易黒字(黒棒)急減 という結果になっていました。Exporte im März 2022: -3,3 % zum Februar 2022 - Statistisches Bundesamt (destatis.de) ①輸出全体 3月単月:前…

20220503 ドイツ労働市場は引き続き堅調

本日ドイツ連邦雇用庁から4月分のドイツ雇用統計が発表されました。一言でいうと、 ドイツ雇用の力強い改善継続も、ウクライナ危機で改善ペースはやや鈍化 といったところかと思います。 以下エッセンスをご紹介します。 ●季節調整後の失業者数は▲13千人と減…

20220427 ドイツ政府経済予測アップデート

ドイツ政府(連邦経済省)の経済予測は、世の中の後追いなので、市場の材料となることはまずありませんが、本日発表分はウクライナ危機の最新情報を勘案した予測になっているということもあるので、ポイントを整理しておきます。 BMWK - Frühjahrsprojektion…

20220423 毎年4月23日はドイツのビールの日

本日4月23日は、1516年にドイツのバイエルンで「ビール純粋令」が公布された日ということで、ドイツでは「ビールの日」となっています。 ドイツのこの「ビール純粋令」は世界最古の食品法と言われており、「ビールは水、麦芽、ホップ、酵母のみから作るべし…

20220419 ドイツにおける家庭用電気代、ガス代の上昇度合い

各種料金(電気、ガス、ネット、携帯、保険、金利など)比較(乗り換え検討用)サイトとして有名な「VERIVOX」のサイトに、家庭用電気価格と家庭用ガス価格のインデックスが公表されていますので、最近の異常な価格上昇の度合いをチェックしてみました。 ①電…

20220417 コロナと戦争(によるインフレ)で豊かさをあきらめざるをえない局面

ドイツの過去に例のないインフレ(とそれに対するECBの無策)は連日ドイツの主要メディアの報道テーマとなっています。 ドイツのインフレがこのように過去に例がないほど跳ね上がっているため、 30年前の100ユーロはいまや60ユーロの価値しかなくなっていま…

20220413 ドイツ5大研経済見通し(露エネルギー禁輸の影響度など)

本日こちらにドイツ5大研(ifo、DIW、IfW、RWI、IWH)の経済見通しが発表されました。 http://gemeinschaftsdiagnose.de/ 経済成長(実質GDP)とインフレ(CPI)の水準自体は、概ね最近の他機関予測と同じくらいで特段新味はないのですが、レポートの中には…

20220404 オランダのちょっとだけ安いガソリンを買いに走るドイツ人

オランダでは今月からガソリン減税(2割強)が始まっており、その結果、ガソリンの小売価格がドイツよりリッター当たり10~20セント安くなっています。 そのため、ドイツ国境近くのオランダのガソリンスタンドを訪れるドイツ人顧客数は平時の8~9割増になっ…

20220401 店頭から消えた小麦粉と食用油

確かに近所のスーパーが最近大抵こうなっている(高めのオリーブオイルや、かぼちゃの種オイルくらいしか売れ残っていない)ので、ドイツ連邦統計局が緊急調査を実施し、本日その結果を発表していました。 これによると、小麦粉(青線)はウクライナ危機勃発…

20220329 小売店内のマスク着用、法的義務が外れた後どうするか問題

足元ドイツは全土隅々までがコロナホットスポットと化しており、国際比較でも非常に見劣りする状況なのですが。。。 Corona Zahlen aktuell: Karte für Deutschland + weltweit (morgenpost.de) 今週末4月2日からほとんどのコロナ規制が撤廃され、小売店内で…

20220328 ドイツガソリン価格は前月比2割増

ウクライナ危機をきっかけに「2つのF」(FuelとFood)が心配の種になっているというお話を先日しましたが、最初のF(Fuel)については(ひょっとすると行き過ぎた便乗値上げを抑え込むため?)連邦統計局から最近のガソリン価格上昇度合いを客観的に示すデー…

20220326 ウクライナ危機に伴う小麦価格高騰への対策

ウクライナ危機をきっかけに、二つのF(FuelとFood)が問題になっています。ドイツでも最初は天然ガスとガソリンで大騒ぎだったのですが、その後、主食のパンを直撃する小麦の大幅な価格上昇についての話題がじわじわ広がっています。 小麦の生産量でみると…

20220324 ifo研ドイツ経済予測アップデート

ドイツの最も重要な景気先行指標である ifo景況指数 の発表元であるifo研の経済見通しがアップデートされたのでご紹介します。 コロナに上乗せされたウクライナ危機のせいで見通しがいつにも増して不透明なため、今回は ①基本シナリオ と ②代替シナリオ の二…