日独経済日記

日独間の架け橋となることを目指しています

消費

20220917 3年ぶりのオクトーバーフェスト開幕

本日(9月17日)から10月3日までの間、毎回6百万人の来訪客が70百万リットルのビールを飲みつくす世界最大のビール祭り「オクトーバーフェスト」がドイツミュンヘンで開催されています。 独特の民族衣装と音楽で盛り上がりながら、皆ここぞとばかりに驚くほ…

20220914 食品の川上インフレ圧力高止まり

先ほどのドイツ連邦統計局発表によると、7月の農産品の生産者物価(CPI食品部分~ウェート1割程度~および農家所得の先行指標)は、以下の通り高どまっていました。 前年同月比+33.4%(前月比▲0.8%) うち植物系(野菜、果物など:青) +25.8% ~ピークア…

20220913 「冬は自宅の暖房を止めて南国に避難」が流行するかも

ドイツにおける各種エネルギー「小売」価格は、下図のように急騰しており、払いたくても払えない人が続出しかねない状況になっています。 2月24日のロシアによるウクライナ侵攻開始時点と比べると、ガス代は3倍、電気代は5割増しとなっています。 https://ww…

20220909 ドイツの観光、7月までは好調維持

今朝のドイツ連邦統計局の発表によると、ドイツの国内宿泊件数(∝観光)は、台頭するリセッション懸念とは裏腹に、少なくとも7月までは好調を維持できていたようです。 赤線が今年の走り、青線はコロナ前の2019年分、黒が2021年、橙が2020年です。 https://w…

20220906 ドイツサービス業売上、6月までは堅調

先ほどリリースされたドイツ連邦統計局の数字を見ると、6月のドイツサービス業(除く金融)の売上高は、前年同月比で名目+14.5%、実質+9.9%(下図黒線)と好調を維持していました。 特に鉄道輸送(赤)、メッセなどのイベント類(茶)が、それぞれ実質+98.…

20220901 解釈が難しい7月ドイツ小売売上

先ほどドイツ連邦統計局より、7月小売売上高の発表がありました。 7月(単月) 年初来累計(1~7月) <共に前年同期比> 実質(濃い赤): ▲2.6% ▲0.1% 名目(薄い赤): +6.1% +6.4% Einzelhandelsumsatz im Juli 2022 um 1,9 % höher als im Vormonat…

20220831 最近の失業者/失業率増は、ドイツ経済にむしろポジティブ材料

つい先ほどドイツ連邦雇用庁から8月分のドイツ雇用統計が発表されました。 以下のような失業率のグラフだけ見て「リセッション入りでドイツでも失業者急増が始まった」と勘違いしてしまう人がいるかもしれないので念のため解説しておきます。 Germany Unempl…

20220831 家賃のウェートが高いおかげで、インフレのダメージが緩和されてました

ドイツ連邦統計局のWEBサイトの中に「あなたの家計の実際のインフレ率を計算してみよう」というコーナー(下添リンク)があるので、使ってみたところ、下図の赤線のような推移がはじき出されました(青線が統計/標準世帯のウェートベース)。 今年7月の断面…

20220824 コロナ後の過剰貯蓄はインフレでほぼ枯渇

こちらのifo研の分析によるとhttps://www.ifo.de/DocDL/sd-2022-digital-04-wollmershaeuser-inflation-ueberschussersparnis.pdf コロナ勃発以来蓄積されていた過剰貯蓄(推計2,000億ユーロ)は、インフレのせいで予想以上に早く食い尽くされつつあり、リベ…

20220813 ビニールレコードの密かなカムバックについて

私が知らなかっただけかもしれませんが、ドイツのあちこち(総合電器店や本屋の片隅)で、ビニールレコードのコーナーが復活しているようです。 こちらの写真は、今日2年半ぶりくらいに訪れたデュッセルドルフ市内の大規模書店の一角のものです。 私が初めて…

20220811 9ユーロ切符後の交通量

ドイツ連邦統計局が9ユーロ切符導入の2ヶ月(6-7月)の交通量を分析したところ、以下のようなことが判明していましす。 ・30km超の鉄道輸送がコロナ前比 約4割増加 ・特に田舎の観光地で増加大 ・道路交通量(9ユーロ切符が カバーするバスなどを含む)は コロナ…

20220809 最先端の野菜小売infarm

フランクフルトのデパ地下で infarm を発見しました。 このinfarm は野菜を販売場所で作って売る究極の地産地消の仕組みで、これにより >科学的に効率よく野菜を作る >野菜運搬で生じる環境負荷やコストを減らす >腐らすことなく食品ロスを減らす >意識の高…

20220807 ドイツで食肉の生産量が激減しています

ドイツ連邦統計局の発表によると、今年前半(1~6月)の食肉生産量は、前年比▲7.9%と激減していました。 動物愛護、CO2削減、穀物不足等への意識の高まりで、ビーガンやベジタリアンが増えているだけでなく、近年のインフレが高価な肉の消費を抑制している…

20220806 キャッシュレス嫌いは日独共通

普段から「日本語の良品レポートを見逃さないために」愛用しているこちらのサイト 経済レポート・アクセスランキング:経済レポート情報 (keizaireport.com) に「キャッシュレス・ロードマップ2022」なる、よさそうな作品がリストアップされていたので軽くチ…

20220805 ドイツのビール消費(年95リットル/人)のうち、8.4%がノンアル

ドイツ人は世界一ビールを飲んでいるようなイメージがありますが、実際にはチェコ(一人あたり年135リットル)には大きく負けており、欧州3位(年95リットル)です。 最近はそのうち8.4%がノンアルビールとなっているようです。健康志向の高まりによるものと…

20220805 Deutsch Perfekt「ドイツ人が知ってそうで知らないこと111選」

ドイツ語学習者用月刊誌「Deutsch Perfekt」 は、ドイツ語を歴史・文化も含めて本格的に学びたい人にとって私の知る限り、ベストの教材です。 私も時々電子や紙で買って、嫁さんと一緒に勉強しています。特にドイツ語中級者にはお勧めです。 Deutsch perfekt…

20220805 ドイツ政府がインフレ2%押し下げ中

ケルンのドイツ経済研究所(IW)の分析によると、9ユーロ切符、ガソリン減税、公共料金割引など、ドイツ政府が数多くのインフレ抑止策を断行しており、こういった公的介入が足元のインフレ率を2%も押し下げているとのことです。 Staatlich administrierte P…

20220802 電気ストーブがバカ売れしているドイツの夏

ロシアからの天然ガス供給が平時の20%(▲80%)と低いままで、いつ完全に止められてもおかしくないという不安が高まっており。。。 他のエネルギー価格が比較的落ち着いているにもかかわらず、天然ガス価格だけが高止まりを続けています。 そのような状況下で…

20220802 ドイツ連銀 The German economy at a glance

ドイツ連銀が毎日こちらにアップデートしてくれている The German economy at a glance に私なりのひとことコメントつけてみました。 各種ドイツ経済指標を、ドイツ連銀がどのようなグラフでモニタリングしているのかがわかります。 The German economy at a…

20220801 ドイツ小売売上に急ブレーキ

本日ドイツ連邦統計局から、ドイツ小売売上6月分のデータが発表され、インフレ調整前の名目ベース(下図薄赤線)では前月比▲0.5%/前年同月比▲0.8%と一見大したことのない低下に見えていましたが、インフレ調整後の実質ベース(赤線)では前月比▲1.6%/前年…

20220730 戻らぬ出張について考える

私自身、コロナ前までは年数回程度、ドイツ国内の泊りがけの出張をしていたものですが、コロナ発生以降は一度もどこにも出張していません。出張関連手続き(例えば経費精算フォーマットなど)も2年半の間に変わっている可能性が高いので、今更確認するのも億…

20220714 ドイツ一般市民のインフレ期待

ドイツ連銀が2019年から毎月実施しているドイツの消費者に対するアンケート結果(6月分、英語でも出ていた!)のエッセンスを紹介します。 Inflation expectations | Deutsche Bundesbank ●ここ4ヶ月は、今後1年間インフレはかなり上昇する(赤)、と感じて…

20220711 価格急騰でガソリン消費はさすがに急減

今朝(7/11)のドイツ連邦統計局発表によると、ドイツのガソリンスタンドにおける5月ガソリン販売が2月(ウクライナ前)比▲11.7%に激減していました。 Tankstellen setzen im Mai 2022 real 11,7 % weniger um als im Februar - Statistisches Bundesamt (d…

20220708 独ホテル宿泊件数、5月にコロナ前水準ほぼ回復

今朝のドイツ連邦統計局の発表によると、ドイツの国内宿泊件数はだいぶ戻ってきた感じです。 https://www.destatis.de/DE/Presse/Pressemitteilungen/2022/07/PD22_289_45412.html 赤線が今年の走り、青線はコロナ前の2019年分です。 ちなみにドイツのGastge…

20220701 スイスとノルウェーはやはり物価水準高い

先ほどドイツ連邦統計局から、近隣諸国(主にバカンス旅行対象国)との食品・飲料価格差についての興味深いプレスリリースが出ていましたのでご紹介します。 Preisniveau für Nahrungsmittel unterscheidet sich in vielen Urlaubsländern deutlich von dem …

20220630 ドイツ失業者/率急増はウクライナ難民大量受入れによるもので、景気悪化によるものではありません

つい先ほどドイツ連邦雇用庁から6月分のドイツ雇用統計が発表されました。 ヘッドラインの失業者数と失業率が想定外の急上昇をしており、戸惑っている方も多いのではないかと思いますが、すべてウクライナ難民大量受け入れ(ウクライナ人労働力人口、2月比+4…

20220630 インフレ高騰を受けたドイツ消費行動の変化について

独ハンス・ベックラー財団(ドイツ 最大の労働組合中央組織であるDGBのシンクタンク)が昨日(6/29)掲題についてのアンケート調査結果(4月末~5月初に実施、対象6200人)を発表しました。 Mehr als die Hälfte der Erwerbspersonen mit niedrigerem Einkom…

20220629 過去最悪を記録したドイツ消費者センチメント(GfK)について

昨日GfKから発表された7月のドイツ消費者センチメントが▲27.4と調査開始以来の過去最低を記録しました。 Konsumklima sinkt auf neues Rekordtief (gfk.com) 構成3要素である景気見通し、所得見通し、購入意欲とも悪化しており、内容が悪いことは間違いあり…

20220623 今年はドイツGDP2%割れ、インフレ7%超という予想が主流になってきました

旧東独経済に精通していることで定評のある、ハレ経済研究所(IWH)は6月21日にドイツ経済予測のアップデート結果を発表しました。 これによるとGDPは今年+1.6%、来年+2.2%、インフレは今年+7.2%、来年+4.3%と、コンセンサスより弱めの成長と強めインフ…

20220613 ドイツガソリン減税の効果早速減退

ドイツでは6月1日から、リッター当たりスーパー35セント、ディーゼル17セントのガソリン減税がスタートしており、初日はその減税分が小売価格に比較的しっかりと転嫁されていたのですが、その後価格は再びじわじわ上昇しており、特にディーゼルはほとんど減…